紅茶で気持ち悪くなる原因とコーヒーは大丈夫な理由とは?空腹の時に飲むと胃がムカムカ吐き気がする・・・対処できる?

Uncategorized

紅茶が好きなのに、紅茶を飲むと気持ち悪くなる方はいませんか?コーヒーは大丈夫なのに・・・

なぜ気持ち悪くなってしまうのか、気になりますよね。

「紅茶が好きだから、もし気持ち悪くならなければ飲みたい」という人も多いと思います。

筆者である私も毎日紅茶を飲むほどの紅茶好きの1人なので、紅茶が好きな方のために、気持ち悪くならないように対処法を調査してしてみました。

気持ち悪くなる理由や対処法が分かると、上手に紅茶を楽しめるようになりますよ。

 

紅茶を飲むと気持ち悪くなる原因とは?コーヒーは大丈夫?

紅茶を飲むと気持ち悪くなる人は、実は少なくありません。その原因は、紅茶に含まれるタンニンという成分にあります。

タンニンは、紅茶の色や味、香りをつけるために重要な成分ですが、一方で胃の粘膜に刺激を与えたり、胃酸の分泌を抑えたりする作用もあります。そのため、胃が弱い人や空腹時に紅茶を飲むと、胃の不快感や吐き気を感じることがあります。

コーヒーにもタンニンは含まれていますが、紅茶よりも少ない量です。また、コーヒーにはカフェインが多く含まれており、カフェインには胃酸の分泌を促進する効果があります。そのため、コーヒーは胃の働きを活発にすることで、気持ち悪さを和らげることができます。

しかし、コーヒーも飲みすぎると胃に負担をかけることになりますし、カフェインの摂りすぎは不眠や動悸などの副作用を引き起こす可能性があります。どちらも適量を守って飲むことが大切です。

 

空腹の時に紅茶を飲むと胃がムカムカするのはなぜ?吐き気を防ぐ対処法とは

先ほど、紅茶を飲んで吐き気や胃のむかつきがでる原因を説明してきました。

特に吐き気や胃のムカムカが出やすいのが、「空腹時」なんです。

なぜなら、空腹時にいきなり紅茶を飲むことで胃を刺激してしまい胃酸を過剰分泌してしまう可能性があるからなんです。

しかし、食後以外の空腹時でも紅茶を飲みたくなることがありますよね。

私自身、昔から紅茶が好きなので毎日飲みたくなってしまいます。

そんな時の対処法として、紅茶だけを飲むのではなく、おやつなど他にもおなかに入れるようにするのが良いでしょう。

出来れば紅茶より先におなかに入れてあげることによって、紅茶による胃の刺激を軽減してくれる可能性が高いですよ。

うまく対処をしながら、好きな紅茶を楽しみたいですね。

 

紅茶を飲むとめまいを感じる原因とは?

紅茶を飲むと、めまいを感じてしまったことがある人もいますよね。

理由は紅茶に含まれている「カフェイン」が考えられます。

  • カフェインは、健康な成人で1日200㎎(0.2g)まで摂取してもいいと言われていますが、それ以上摂取したり、カフェインに元々弱い人はそれ以下でもカフェイン中毒を起こしてしまう可能性があるんです。

カフェイン中毒の主な症状は、めまい・頭痛・吐き気・動悸などなので、めまいも代表的な症状になります。

カフェインに弱い人以外にも、元々めまいを起こしやすい人や片頭痛の方もカフェインが症状を誘発していまう可能性があるので、できれば控えるか飲むとしても量を飲みすぎないように注意した方がいいでしょう。

 

午後の紅茶やアールグレイを飲むと気持ち悪くなる原因とは?

紅茶は好きなのに、午後の紅茶やアールグレイなど、決まった商品や品種の紅茶だけが気持ち悪くなってしまう方もいるかもしれませんね。

私自身、紅茶がすごく好きなのですがたまに気持ち悪くなってしまったり、好きではなく飲めない紅茶があります。

これはなぜなのでしょうか。以下の理由が考えられるかと思います。

ただ単に、好きではなくその紅茶が合わない

好きではないものを食べたり飲んだりすると、気持ち悪くなることがありますよね。

そんな時は、その商品をこれから避けるようにして対処をしましょう。

商品に含まれている原材料や添加物にアレルギーなどがある

売られている紅茶の商品には、茶葉だけでなく、ミルクや砂糖、それ以外のさまざまな材料や添加物が使われています。

そういうものにアレルギー反応が起こり、気持ち悪くなってしまう可能性もあります。

気持ち悪くなった時は、商品裏に記載のある成分をチェックしておきましょう。

そして、他の時にも同じような症状が出た場合と比べられるようにしておくと安心ですね。

嗅覚過敏

アールグレイなど、独特な香りのあるものだけ気持ち悪くなってしまう場合、匂いに反応してしまい、気持ち悪さが出ている可能性もあります。

意外に嗅覚過敏の方は多く、他の人が癒されるというリラックス系の香りでも嗅覚過敏で合わない人も多いので、「合わない香りの物は避ける」という対処法で回避できますよ。

ちなみに、アールグレイの茶葉はベルガモットという柑橘系のフレーバーがつけられていて、もとになる茶葉の種類による組み合わせの違いで香りも変わってきますよ。

以上のような、理由が考えられますがご自身はどれに当てはまりそうですか。

紅茶には、様々な茶葉の種類や商品があるので自分に合ったおいしい紅茶を見つけて楽しみたいですね。

まとめ

この記事では、紅茶を飲んで気持ち悪くなる原因と対処法について紹介しました。

気持ち悪くなる原因は、紅茶に含まれるタンニンやカフェイン、香りなどが考えられます。対処法としては、空腹時に紅茶を飲まない、おやつと一緒に飲む、自分に合わない商品や品種を避けるなどがあります。

紅茶を楽しみたい方は、自分の体質や好みに合わせて紅茶を選んでくださいね。

以上で、この記事は終わりです。最後まで読んでいただきありがとうございました。気持ち悪くならずに紅茶を楽しめるようになることを願っています。